<< 今日の一句 #435 | main | 今日の一句 #437 >>

今日の一句 #436

0

     

    シンバルを持って岬にひとりゆく  木口雅裕

     

     

    今、私もとってもこんな気分だ。

    岬の先端で、水平線を見つめながら

    シンバルを力任せに打てたら、どれほどスカッとするだろう。

    その後、いっそう寂しくなったとしても。

     

    本作は『若葉の句集 此戮茲螳く。

    こちらは京都を拠点とする川柳グループ「川柳若葉の会」の

    15周年を記念した、会6冊目のアンソロジー。

    表紙のイラストがとってもキュートで

    1本の大きな樹には葉が茂り、小鳥たちが楽しげに歌っている。

    いいなあ、と表紙をめくり、

    いいなあ、いいなあ、とページをめくる。

    「すっかり川柳マジックに魅せられた」若葉メンバー21名の

    川柳愛に満ちた1冊。

     

     ハンサムなライン欲しくて夜のジム   越智ひろ子

     瓢箪ぶらぶら小さなことは教わらず   坂根寛哉

     液晶の海へ沈んでゆく魚影       西田雅子

     笑いに笑って往生いたします      野村笑吾

     ポケットの奥に溜まってゆく端数    目加田邦子

     火を囲む両手に少し滾るもの      和田洋子

     

     

    (アンソロジー『若葉の句集 此15周年記念』

        /川柳若葉の会 2020年) 


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.06 Thursday
      • -
      • 23:47
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      カレンダー
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      最近のエントリー
      カテゴリー
      過去の記事
      オススメリンク集
      プロフィール
      サイト内検索
      モバイル
      qrcode
      管理用
      PR